山神のブログ9

ヤマンピーのGスポット

六厩川橋 2019 村道岩瀬秋町線+荘川林道 ⑦

からの続きです

f:id:poseidonttzr:20191204155204p:plain

六厩(むまや)川橋から

森茂(もりも)六厩川林道へと少し下ると

小蓑谷隧道があります

f:id:poseidonttzr:20191204155427j:plain

橋から荒れた林道を行きますとすぐに現れます

(林道が荒れていたのは昨年と変わらず・・・)

f:id:poseidonttzr:20191204155604j:plain

f:id:poseidonttzr:20191204155633j:plain

内部も昨年と変わっておりませんでした

(途中2か所ほど崩れてますがこれは昨年と一緒)

f:id:poseidonttzr:20191204155724j:plain

f:id:poseidonttzr:20191204155750j:plain

反対側はやはり崩れたまま、ここを注意して過ぎます

(この崩れた場所は足を滑らせ誤るとそのまま六厩川にドボンとなります)

f:id:poseidonttzr:20191204160047j:plain

f:id:poseidonttzr:20191204160122j:plain

振り返りの一枚↑

このように反対側は危険な状態となったままです

 

と、こうしてチェックポイントを確認

f:id:poseidonttzr:20191204160354j:plain

f:id:poseidonttzr:20191204160431j:plain

再び戻り隧道を抜けるとぼんやりと六厩川橋が見えるのでした

f:id:poseidonttzr:20191204160602j:plain

橋より川面(かわも)を見ると大量の川魚が泳いでいました

ここには釣り師もたまに訪れるようですが

その理由が少しわかった気になるのでした

(歩きではなくエンジン付きボートで来るようです

出来れば一緒に乗せていただけると嬉しいのですが・・・w

ご連絡お待ちしております^^w)

f:id:poseidonttzr:20191204160942j:plain

f:id:poseidonttzr:20191204161015j:plain

f:id:poseidonttzr:20191204161056j:plain

その川面に記念湖水タッチ

(これ静かなマイブームですw)

f:id:poseidonttzr:20191204161223j:plain

こうしてここで1時間余り過ごしたでしょうか?

また来るぞ!と誓い、ここを後にしたのでした

 

その帰路は3時間ほどで帰ることが出来ました

昨年の森茂六厩川林道を延々3時間歩くのとは大違い

六厩川橋を目指すなら

やはりこの村道岩瀬秋町線+荘川林道林道コースが

一番です

しかるにこうして見ると途中にある秋町隧道はいかに近いかとw

そちらには1時間ちょっとでたどり着くことが出来ますから

逆に言えばそこからがやはり六厩川橋は遠いのです

ただやはり六厩川橋を目指すならこのコースです

昨年のことを思えばどんなにこちらが楽に感じることかと・・・

akatora-nekoさんが言う

『こっちは高速道路のようだ!

あながち嘘とは言えないのでした・・・w

f:id:poseidonttzr:20191204162137j:plain

f:id:poseidonttzr:20191204162159j:plain

最後は疲れた足を道の駅の温泉で癒し

この旅が無事終わったのでした・・・

 

 

さて来年は残る森茂林道コースのチャレンジ

わたくしもチャレンジしてみたいと言う方、募集してますw

ゴムボートを持参いただけると有難いのでしたw

 

 

長くなりましたが

六厩川橋 2019 村道岩瀬秋町線+荘川林道林道

これにて終了です

お付き合いいただきありがとうございました

 

六厩川橋 2019 村道岩瀬秋町線+荘川林道 ⑥

からの続きです

 

ついに六厩(むまや)川橋にたどり着きました

では1年ぶりに橋を渡って見ましょう

(この時同行のakatora-nekoさんドローンの撮影に夢中でした)

f:id:poseidonttzr:20191203172710j:plain

f:id:poseidonttzr:20191203172739j:plain

f:id:poseidonttzr:20191203172815j:plain

f:id:poseidonttzr:20191203172859j:plain

さてその肝心の床板は木製

これがやっぱり1年経ったらその分だけ腐っていたのです

これがやっぱりマジ怖いw

慎重に足元を確認しながら足を進めます

f:id:poseidonttzr:20191203173108j:plain

↑完全に床が抜けきったところがありますから

鉄骨部分の上を歩くのがベスト

もちろん手すりからは手は離せませんw

f:id:poseidonttzr:20191203173254j:plain

f:id:poseidonttzr:20191203173357j:plain

f:id:poseidonttzr:20191203174734j:plain

↑わたくしがビビりながら橋を渡るところをakatora-nekoさん

ドローンで撮影してると言う悪い趣味ですw

f:id:poseidonttzr:20191203173604j:plain

↑昨年はこんな風に床板が跳ね上がってはいませんでした

確実に毎年少しづつ腐り続けている証拠です

腐って落ちた床板が一部川面(かわも)に浮かんでいたりします

f:id:poseidonttzr:20191203173815j:plain

f:id:poseidonttzr:20191203173908j:plain

f:id:poseidonttzr:20191203173934j:plain

↑見えているのは森茂(もりも)林道の大崩落

森茂林道側から来ますと最後の最後が大崩落しているのです

これによって森茂林道からの歩きでの到達は無理だとされてます

これをクリアするにはゴムボートが必要だとされているんですね

f:id:poseidonttzr:20191203174245j:plain

↑完全にピンボケなんですが、実は橋の下に船着きポイントがあるんです

(ピンクのテープがしてあります)

ここにゴムボートを接岸させる

これで森茂林道コースを攻略と言うアイデアはあるのですが

肝心のそのゴムボートをわたくし持っていませんw

どなたか用意していただけたら考えるのですがw

(完全人任せw)

f:id:poseidonttzr:20191203174844j:plain

↑橋の袂の森茂林道の入り口
いきなり初っ端から林道が崩れてます

試しに進んでみたのですが・・・

f:id:poseidonttzr:20191203175054j:plain

かなりの激藪

足元も酷く数メートル歩いただけでもう止めました

これは予想以上に酷いです

これこそほんと道じゃねえ!w

 

では昨年歩いて来た森茂六厩川林道方面へと少し行ってみることに・・・

最終話に続きます

 

六厩川橋 2019 村道岩瀬秋町線+荘川林道 ⑤

からの続きです

 

何とか荘川林道に復帰した我々

目指す六厩(むまや)川橋までおおよそあと2キロ

f:id:poseidonttzr:20191202120222j:plain

しかしながらこの道が酷い

道には草木が生えておりまして、到底まともな道ではないのです

昨年行った森茂(もりも)六厩川林道コースと同じなのです

唯一救いなのはこの酷い道が2キロくらいだと言うこと

昨年はこんな道を延々3時間ほど歩いたのですから

それにくらべりゃ十二分にマシですw

f:id:poseidonttzr:20191202120627j:plain

f:id:poseidonttzr:20191202120659j:plain

f:id:poseidonttzr:20191202120737j:plain

f:id:poseidonttzr:20191202120818j:plain

道中にあります沢が流れていたであろう個所はこの通り↑になってます

土砂が流れ出して林道の形跡を消してしまっているのです

f:id:poseidonttzr:20191202121048j:plain

f:id:poseidonttzr:20191202121130j:plain

それでも歩いていれば一升瓶やら電柱があった形跡が出て参ります

電柱なんてやはり当時の物だと伺えれます

(一升瓶はさすがに当時の物か?は不明w

こんなとこで酒を飲んだ奴がいたのか???)

f:id:poseidonttzr:20191202121422j:plain

f:id:poseidonttzr:20191202121452j:plain

f:id:poseidonttzr:20191202121516j:plain

↑これはクイックさん記事を見て見つけ出してやろう!と思ってたもの

電柱を見る度にこれをチェックしていたのでしたw

 

そして切り通しに差し掛かります

場所こちら

f:id:poseidonttzr:20191202122254p:plain

f:id:poseidonttzr:20191202122333j:plain

f:id:poseidonttzr:20191202122409j:plain

ミラーがなくなったカーブミラーのその先についに・・・

f:id:poseidonttzr:20191202122531j:plain

f:id:poseidonttzr:20191202122606j:plain

六厩川橋のコンクリートアンカー土台が見えたのです!

おお!あとちょっとだ!!!

ちなみにここまで丁度歩き始めて3時間でした

(もちろん休憩込みです)

不思議なものでゴールが見えると元気が出ますw

f:id:poseidonttzr:20191202122854j:plain

↑ちょっと変わったコンクリート擁壁を過ぎますと・・・

(ちなみに見えてる三角穴の中は何もありませんよ)

f:id:poseidonttzr:20191202123034j:plain

最後の最後の危険個所

この崩れた部分を通り越すとついにゴールです

(ちなみにこの危険個所、昨年はもっと酷かった

なぜか昨年よりマシになってましたw)

 

そして歩き始めて3時間と15分

ゴ~~~~ル!!!

f:id:poseidonttzr:20191202123301j:plain

1年ぶりに六厩川橋に再会しました!

ええ!昨年と変わっておりません

 

と、その前にやりたかったことが・・・

こちらにありますコンクリートアンカー土台の上に上ることを・・・

これ!ここにたどり着いた方がやられているんですよね

(昨年はやろうと思いながらやらず仕舞だった)

ちょっと足場の悪いところを無理やり上りまして

アンカー土台の上に立ちますと・・・

f:id:poseidonttzr:20191202123744j:plain

f:id:poseidonttzr:20191202123816j:plain

六厩川橋全体を上から目線で見ることが出来るのです!

f:id:poseidonttzr:20191202123843j:plain

↑これは反対側の御母衣(みぼろ)湖

 

では記念撮影

f:id:poseidonttzr:20191202124107j:plain

f:id:poseidonttzr:20191202124143j:plain

う~~~ん 余は大満足じゃ

 

に続きます

 

六厩川橋 2019 村道岩瀬秋町線+荘川林道 ➃

からの続きです

 

無事に秋町隧道反対側坑口(東口)にたどり着きました

f:id:poseidonttzr:20191129165608j:plain

f:id:poseidonttzr:20191129165647j:plain

こちらも西口坑口同様、入り口には土砂が溜まっております

その奥を覗いてみますと・・・

f:id:poseidonttzr:20191129165924j:plain

f:id:poseidonttzr:20191129165824j:plain

f:id:poseidonttzr:20191129170155j:plain

このように中には水が溜まり、水没状態となっているわけです

遠くには西口の明かりも見えてます

 

かのヨッキれんさんはここをゴムボートで横断されたんですよね

確かにゴムボートでここを渡れば簡単に思えますが

実際わたくしもそれを考えたのですが

ここまでゴムボートをいくら畳んだ状態とは言えども

持ち込むのが大変なんですよね

もちろん置きっぱなしには出来ませんから持ち帰るのも当然w

これが簡単そうで簡単ではない・・・

持ち込んで膨らませて渡って、また渡ってしぼませて持ち帰る

もちろんオールも必要でしょうね

膨らませる道具も必要

これらを考えると非常に手間なことが予想出来ます

(もちろん肝心のゴムボートを購入しなければいけない

でもわたくしにすればここ以外で使い道はないのですよw)

いろんなことを考え今回は山越えとしたのでした

 

さて水没した坑内には実は水が流れ出ていたのです

その場所ははっきりしませんが、その音だけは聞こえるのです

今でも水が溜まり続けているようです

f:id:poseidonttzr:20191124171806j:plain

この水を抜こうとして西側坑口に持ち込んだとされる一輪車が今でも

西側に残されているのです(ただしあくまでもそういう噂なのですが)

これで坑内の土砂を取り除こうとされたのでしょうが

夢破れて一輪車のみが現場に残ったとされております

実際西側にはそれらしく掘った跡の水路が造られてあります

 

で、わたくし今回思ったのですが

これって東口の方がやりやすくないのか?と思えるのです

積もった土砂の量が断然東口の方が少ないのです

どこかのテレビ番組ではないですが

池の水を抜くではなく隧道の水を抜く

これってどなたかチャレンジされませんでしょうか?w

手弁当持って日参して水抜きをする

これをやったらほんと凄いと思えるのですがw

 

さてさてその隧道の前と言えば

f:id:poseidonttzr:20191129172745p:plain

f:id:poseidonttzr:20191129172456j:plain

本来あるべき右へと続いてる荘川林道

跡形もなく消えているのです

 

これは隧道の真上にある沢の水・土砂によって崩れ流されたとみるべきでしょう

↑2枚はakatora-nekoさん記事より借用

f:id:poseidonttzr:20191129172949j:plain

隧道建設時には沢の水は横に造られた水路を流れるように工夫されていたのですが

廃道後は放置され、流れ出た沢の土砂がその水路を塞いでしまいます

逃げ場のなくなった土砂はそのまま隧道直下に流れます

大雨等もあり流れ出た水がそのまま林道ごと流してしまった

もしく隧道先右側で土砂崩れで起きて道がなくなったのか?

更には一部の水は隧道内へと滴(したた)り落ちて

やがてそれが溜まり、隧道内は水没状態となった

幾年月の間にこうなったのではと推測されます(個人的見解です)

(実際横にある水路には水が流れておらず落ち葉が積もっているだけでした)

f:id:poseidonttzr:20191129172538j:plain

さて問題があります

ここからのルートがお陰でなくなっているのです

右側に林道が続いているようですがここからは見えません

当てずっぽに右を目指すしか方法はないのです

 

一旦隧道の下へと下り右側山林部分からよじのぼり林道に復帰

f:id:poseidonttzr:20191129173754j:plain

f:id:poseidonttzr:20191129175228j:plain

一旦隧道の上部に戻り、そこより右側崩落個所を遠巻きにして林道に復帰

 

どちらも正式な道があるわけではありません

野生の勘を頼りにお進みくださいw

f:id:poseidonttzr:20191129175320j:plain

こうして無事林道に復帰

残り六厩(むまや)川橋までおおよそ2キロ弱

 

に続きます・・・

 

六厩川橋 2019 村道岩瀬秋町線+荘川林道 ➂

からの続きです

 

未知の世界の秋町隧道山越えコースを行きます

f:id:poseidonttzr:20191126162410p:plain

地図ですと最初はまっすぐ東方向に進みますが・・・

f:id:poseidonttzr:20191126162604j:plain

はっきりした道筋があるわけではありません

↑のピンクテープだけが頼り・・・

これを頼りに3本目の目印までは行けるのですが

その先がなぜか見当たらないのですw

あれ?どこだ???

いきなり悩むことになりますw

周りを見ても同じ風景ですから正直焦ります

f:id:poseidonttzr:20191126162945j:plain

この時、焦らずやや左方向に上がって見て下さい

そうすると不思議、林道跡らしき道が突然現れるのです

(一応そこに4本目のピンクテープがありました)

なんだちゃんと道があるじゃないか!?

これで一安心(ここまでが不安になりますが)

もうあとはその道沿い(車一台分ほどの道幅があります)に

坂を上がって行くだけ・・・

一つ目のカーブを曲がり、九十九(つづら)折にその先を進みます

 一つ目のカーブのところは道なりにその先が下ってますが

  それは違う方向

  あくまでも尾根を目指す感じで道を進んで下さい

二つ目三つ目四つ目のカーブを曲がると

再び下り気味になります

おや?まだ尾根ではないのだが・・・

実はそこだけ道が切れているのですが

よく見ると右上にピンクテープがあります

そこを目指すと再び道があるのです

ここを間違えなければもう大丈夫

そのまま進みますと無事尾根に到着です

ここまで40分ほど要しました

(上り坂であることと道がはっきりしないので時間が掛かります)

 

さて尾根でも問題があります

尾根の道はそのまま左方向・下り道として続いているのです

てっきりそっちなのか?と進んだのですが

一向にピンクテープが見つかりません

あれ?

 

そう尾根に着いたらすぐに右側の樹木を探して下さい

f:id:poseidonttzr:20191126163056j:plain

↑このように3本も巻かれたピンクテープがありますので

そう!ここから急斜面を下るのです

f:id:poseidonttzr:20191126165123j:plain

ええ?ここを下るの?と間違いなく不安になりますが

ここを腹をくくって下ってくださいw

 急斜面途中には目印のピンクテープはありません

この下にあるというを目指して急降下

f:id:poseidonttzr:20191126165711j:plain

f:id:poseidonttzr:20191126165856j:plain

f:id:poseidonttzr:20191126165936j:plain

斜面に生えてる植生を手掛かりにして下りて下さい

f:id:poseidonttzr:20191126170111j:plain

f:id:poseidonttzr:20191126170142j:plain

左前方には目指す森茂(もりも)川が見えてきますよ

f:id:poseidonttzr:20191126170306j:plain

f:id:poseidonttzr:20191126170333j:plain

下りきった先(沢)にピンクテープが復活しております

もうこれで安心

あとは沢沿いに下ります(もちろん長靴が必須ですが)

f:id:poseidonttzr:20191126170535j:plain

f:id:poseidonttzr:20191126170610j:plain

よく見ると沢沿いにトラロープが張られているのですが

荒れた沢の水で途切れ途切れになってまして

これは役には立ちません

そして下って行きますと、突然コンクリート擁壁が現れるのです

f:id:poseidonttzr:20191126170845j:plain

おお!!!もしかして・もしかしてと右手を見ますと・・・

f:id:poseidonttzr:20191126170944j:plain

ここがなんと!秋町隧道反対側の坑口だったのです

やりました!!!

沢沿いに下ると丁度この秋町隧道の真上にたどり着くのでした

f:id:poseidonttzr:20191126171746j:plain

この山越えにおおよそ1時間ほど掛かったのでした

 

この山越えの詳しいコース図は

くるまみちさん(よととさん)記事

参考にされるとよろしいかと思われます

 

尚、わたくしこの急斜面を下るにあたり

後々続く(チャレンジする)方のためにトラロープ(50メートル)を

今回張っておきました

f:id:poseidonttzr:20191126171436j:plain

f:id:poseidonttzr:20191126171508j:plain

尾根からの急降下に役立てていただけたらと思います

(実際帰りは手掛かりがないと上がるのに一苦労します

生えてる植生の中には腐っているのもありますので要注意ですよ)

 

へと続きます

 

六厩川橋 2019 村道岩瀬秋町線+荘川林道 ➁

からの続きです

 

はい!いよいよ本編スタート

この日、朝7時に道の駅桜の郷荘川

akatora-nekoさんと待ち合わせ

わたくしの車に乗ってもらい村道岩瀬秋町線へと・・・

その村道の奥、荘川林道へと入りまして

車で行けるとこまで行きます

f:id:poseidonttzr:20191125155443j:plain

御母衣(みぼろ)湖入江奥、二連橋のところに駐車

ここより準備をいたしまして、

f:id:poseidonttzr:20191125165851j:plain

f:id:poseidonttzr:20191125165922j:plain

いざ出陣!時間7時40分

f:id:poseidonttzr:20191125155855p:plain

f:id:poseidonttzr:20191125160157j:plain

歩き始めて小さな橋を渡りますと最初の難所が出現いたします

f:id:poseidonttzr:20191125160455j:plain

f:id:poseidonttzr:20191125160532j:plain

↑この大崩落です

こちら2年前に秋町隧道に行った際にはなかったのですが

どうやら昨年夏ごろに発生したようです

ええ!このお陰で今までの道がなくなってしまったのです

f:id:poseidonttzr:20191125160945j:plain

f:id:poseidonttzr:20191125161436j:plain

もちろんこの崩落に関しましては昨年の内から存じてました

ここをどう攻略するか?と思ってましたところ

クイックさんご一行が先日行かれたのですから

我々も躊躇するわけには行きませんw

いざ!アタック

f:id:poseidonttzr:20191125161706j:plain

f:id:poseidonttzr:20191125161733j:plain

f:id:poseidonttzr:20191125161839j:plain

f:id:poseidonttzr:20191125161803j:plain

f:id:poseidonttzr:20191125161912j:plain

こちらまずは崖を上りまして、真ん中に大きな倒木がありますから

そこを乗り越えまして、今度は下ります

(実はこの倒木を乗り越えるのが一番の大変 すごく行く手を邪魔しているのです

3本ほどこれが連なってますから手ごわいです)

幸いなことにここはガレ場でして意外に足元はしっかりしてるのであります

(もちろんザレ場個所もありますから要注意ですが・・・)

下りますとなんとなく先人たちの足跡が残っているんですよね

それを頼りに同じコースを歩きます

f:id:poseidonttzr:20191125162426j:plain

秋枯れとは言えどもしっかり植生は残っております

これを払いのけながら進みますと

たまごろうさんとの記念個所、(橋)広場に出ます

f:id:poseidonttzr:20191125162851j:plain

f:id:poseidonttzr:20191125162916j:plain

f:id:poseidonttzr:20191125162944j:plain

目の前に見えていますのは国道156号に架かる尾神橋

2年前の夏に秋町隧道を目指し、たまごろうさんと二人チャレンジしたのですが

激藪と小雨でわずかにスタートから300メートル30分擁して

やっとたどり着いたのがこの場所

秋町隧道のその先にあると言われる六厩(むまや)川橋に想いを寄せながら

ここでやむなく撤退したという苦い思い出の場所でもあります

 

更に進みまして入江部分を脱出いたします

f:id:poseidonttzr:20191125163641j:plain

ここまで25分

ここよりは完全に道の状態が良くなります

それまで植生と落石で行く手を邪魔されていたのですが

ここよりはまるで今までが嘘のように快適ルートとなります

akatora-nekoさん曰く

『まるで高速道路のようだ!』

 

彼とは昨年森茂(もりも)六厩川林道コースをご一緒してますから

そのお気持ちはよくわかりますが、さすがにこれは言い過ぎw

御母衣湖沿いに湖岸を進んで行きます

f:id:poseidonttzr:20191125164153j:plain

↑2年前の秋にも見たもみじ

f:id:poseidonttzr:20191125164244j:plain

f:id:poseidonttzr:20191125164311j:plain

2年前の秋の時は御母衣湖から吹き付ける風がめっちゃ厳しく冷たかったのですが

この日はその風もなく、むしろ暑いくらいでした

f:id:poseidonttzr:20191125165033j:plain

f:id:poseidonttzr:20191125165105j:plain

快調に進み、秋町隧道の山越えコース入り口にたどり着きました

場所はここ

f:id:poseidonttzr:20191125164836p:plain

f:id:poseidonttzr:20191125164913p:plain

f:id:poseidonttzr:20191125164957j:plain

この場所、地図通りに湖へと下る道が確かにあります

(もちろん廃道ですが)

この先に同じように地図には山越えルートが記されているのですが

通常はその個所はわかりません

f:id:poseidonttzr:20191125165331j:plain

f:id:poseidonttzr:20191125165400j:plain

ところがそこに先人たちが目印を付けてくれていたのです

このテープが山越えルートの目印

実にありがたい目印です

ここより山へと入り水没した秋町隧道の上を越えて行くのです

f:id:poseidonttzr:20191125165554j:plain

ここまで丁度1時間 しばしの休憩の後、山越えにチャレンジです

(ここから先はもちろんわたくしの知らない未知の世界です)

f:id:poseidonttzr:20191125170015j:plain

へと続く・・・

 

六厩川橋 2019 村道岩瀬秋町線+荘川林道 ①

六厩(むまや)川橋に昨年に続いて今年も行ってきました

ダイジェスト版こちら 

アメーバブログ山神のブログ8にて公開済)

 

過去関連記事をまずは紹介

秋町隧道 村道岩瀬秋町線 2017 夏

f:id:poseidonttzr:20191124171320j:plain

秋町隧道 村道岩瀬秋町線 2017 秋 前編 

f:id:poseidonttzr:20191124171435j:plain

中編 

後編

f:id:poseidonttzr:20191124171806j:plain

f:id:poseidonttzr:20191124172754j:plain

六厩川橋 森茂六厩川林道 速報

f:id:poseidonttzr:20191124175726j:plain

f:id:poseidonttzr:20191124175159j:plain

f:id:poseidonttzr:20191124174000j:plain

f:id:poseidonttzr:20191124173913j:plain

六厩川橋攻略マニュアル① 四つのコース

六厩川橋攻略マニュアル➁ 村道岩瀬秋町線+荘川林道コース

六厩川橋攻略マニュアル➂ 森茂峠 森茂六厩川林道(森茂林道)コース 前編

六厩川橋攻略マニュアル➃ 森茂峠 森茂六厩川林道(森茂林道)コース 後編

f:id:poseidonttzr:20191124173441j:plain

f:id:poseidonttzr:20191124173517j:plain

f:id:poseidonttzr:20191124173650j:plain

f:id:poseidonttzr:20191124173614j:plain

六厩川橋攻略マニュアル⑤ 禁断のコース

f:id:poseidonttzr:20191124174656j:plain

f:id:poseidonttzr:20191124174618j:plain

六厩川橋 森茂六厩川林道 秘話① 六厩金山

f:id:poseidonttzr:20191124175015j:plain

f:id:poseidonttzr:20191124175050j:plain

六厩川橋 森茂六厩川林道 秘話② 最大の難所

f:id:poseidonttzr:20191124180010j:plain

f:id:poseidonttzr:20191124175830j:plain

f:id:poseidonttzr:20191124175942j:plain

f:id:poseidonttzr:20191124175916j:plain

f:id:poseidonttzr:20191124180051j:plain

実はもうひとつ

六厩川橋 森茂六厩川林道 秘話③ 赤い障害物 

と言うのがあるのですが

これはヤバい記事なのでお蔵入りしてますw

 

長年わたくしがこの六厩川橋攻略に力を注いできたことが

これでおわかりいただけただろうか?w

 

と言うわけで次回より本編をスタートさせます