真・山神のブログ

おっさんの戯言・世迷い言・独り言・その他+Gスポット

京丹後市 野村克也ベースボールギャラリー

今回京都府京丹後市を訪ねたのはこちらが目的でした

野村克也ベースボールギャラリー

f:id:poseidonttzr:20201127142230j:plain

f:id:poseidonttzr:20201127142317j:plain

f:id:poseidonttzr:20201127142346j:plain

〒629-3101

京都府京丹後市網野町網野367番地

丹後地域地場産業振興センター(アミティ丹後)内

[http://
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ):title]

入  館  料 無料
開 館 時 間 午前9時~午後5時
休  館  日 12月31日・1月1日・2日(午前中)年末年始以外は毎日開館しています

HPこちら

 

過去に

和歌山県東牟(むろ)婁郡太地(たいじ)町 落合博満野球博物館

(これは行ったのだが休館日で入れず・・・)

f:id:poseidonttzr:20201127143143p:plain

f:id:poseidonttzr:20201127143053p:plain

石川県能美(のみ)市 松井秀喜ベースボールミュージアム

f:id:poseidonttzr:20201127143441p:plain

f:id:poseidonttzr:20201127143623p:plain

愛知県西春日井郡豊山町 イチロー展示ルーム(アイ・ファイン

f:id:poseidonttzr:20201127144717p:plain

f:id:poseidonttzr:20201127144818p:plain

これらを訪ねておりまして今度は野村克也さんとなったわけです

アミティ丹後と言う地場品を売っている施設の一角にギャラリーがあります

f:id:poseidonttzr:20201127145153j:plain

f:id:poseidonttzr:20201127145307j:plain

f:id:poseidonttzr:20201127145342j:plain

f:id:poseidonttzr:20201127151943j:plain

f:id:poseidonttzr:20201127145414j:plain

この入り口の脇には今年亡くなられたと言うことで

記帳台・献花台が設けてありました

f:id:poseidonttzr:20201127145607j:plain

中の閲覧は自由に出来まして撮影もOKです

(落合さん・イチローさんは撮影不可 松井さんはOKですよ)

f:id:poseidonttzr:20201127145819j:plain

f:id:poseidonttzr:20201127145900j:plain

f:id:poseidonttzr:20201127145928j:plain

f:id:poseidonttzr:20201127150148j:plain

f:id:poseidonttzr:20201127150217j:plain

f:id:poseidonttzr:20201127150245j:plain

f:id:poseidonttzr:20201127150313j:plain

f:id:poseidonttzr:20201127150401j:plain

↑左に握手して写っているのはドカベンこと香川選手(故人)

f:id:poseidonttzr:20201127150430j:plain

f:id:poseidonttzr:20201127150748j:plain

f:id:poseidonttzr:20201127150815j:plain

f:id:poseidonttzr:20201127150845j:plain

所狭し(正直余り広くはありませんが)とトロフィーや写真が一杯置かれています

 

こちらの場所が場所なのか訪れる人はほぼいません

この時間、わたくし一人で貸し切り状態だったのでした・・・

 

地場産品に紛れて野村グッズもあったのですが・・・

f:id:poseidonttzr:20201127151313j:plain

f:id:poseidonttzr:20201127151339j:plain

正直レパートリーも少なく、記念に買うようなものがないのが実情

もっと良いレパートリーを揃えていただきたいものです

 

最近のニュースでも流れておりますが・・・

f:id:poseidonttzr:20201127151552j:plain

f:id:poseidonttzr:20201127151622j:plain

f:id:poseidonttzr:20201127151654j:plain

大阪球場 なんばパークスにも野村さんの形跡が残されるようです

こちらにもいつか行ってみたいものです

 

野球に興味のある人なら一度はこちらに訪ねて見て下さい

貸し切り間違いないですよw

 

養老鉄道のレンガアーチ群

前々回の(仮)香取の沈下橋を調べていた際に見つけたサイト

宮様の石橋

こちらに養老鉄道にあるレンガアーチ群が紹介されておりました

(記事によるとくるまみちさんのサイトを参考にされたようです

さすがくるまみちさん やっぱこの手では大御所ですね)

 

その紹介記事の中から二つほど見て参りました

実はこの二つのの近くも何度も通ったことがあった道でした

わたくしも穴好きの一人ではありますが

紹介されて気付くようではまだまだですw

 

まずは(仮)小山(おやま)北橋梁

f:id:poseidonttzr:20201126142331j:plain

[http://
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ):title]

[http://:title]

こちらの養老鉄道脇下に水路の穴がございました

f:id:poseidonttzr:20201126143249j:plain

f:id:poseidonttzr:20201126143320j:plain

なるほど!確かにレンガアーチの水路穴でした

こちらからは容易に近づけませんでしたので反対側に回ったところ・・・

f:id:poseidonttzr:20201126143820j:plain

f:id:poseidonttzr:20201126143942j:plain

f:id:poseidonttzr:20201126144013j:plain

だが、こちらは草ボーボーでさっきより近づくことが全く出来ないのでした

 

気を取り直し、もひとつの穴へと・・・

(仮)柚井(ゆい)橋梁

[http://
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ):title]

[http://:title]

f:id:poseidonttzr:20201126144556j:plain

f:id:poseidonttzr:20201126144626j:plain

こちらは幸いなことに水が流れておりませんでしたので、中に入ることが出来ました

身を屈(かが)め入って見ました

f:id:poseidonttzr:20201126144810j:plain

f:id:poseidonttzr:20201126144837j:plain

レンガが多少なりとも変色しております

その抜けた先は住宅地でした

f:id:poseidonttzr:20201126144928j:plain

宮様の石橋さんの記事を読みますと

ここ以外にもこのような穴がいくつかあるようです

なぜに養老鉄道さんはレンガに拘(こだわ)ったのでしょうね?

何か理由があったのでしょうか?

 

興味のある方はこの近辺を回って見てはいかがでしょうか?

 

ニュートンに学ぶ、これからの滋賀ノーマル

またもや滋賀県ネタである

 

本日のヤフーニュース紹介されておりました

まずはこの滋賀県広報CMをご覧下さい


ニュートンに学ぶ、これからの滋賀ノーマル_長尺ver

このCMを見て心底笑ったり感服出来るのは生粋の滋賀県民かと?・・・

他府県に住むわたくしには一部は笑えるのだが

意味不明名なものもありそこまでは行きませんでした・・・

 

こちらコンセプトは・・・

 

コロナ禍における新しい日常の中から新たな発見や価値を生み出そうという

未来への可能性”への想いが込められているという

 

このCMからその意図がおわかりになりますでしょうか?

こんなんを作る滋賀県の懐の深さは感心いたしますが

果たしてそこまその意図を汲み取れる人はどれだけいるのでしょうかね?

わたくしのお知り合いの滋賀県民さん、深読みできましたか?

 

 

おまけ

滋賀県の過去CMだそうです


石田三成CM<第一弾>


石田三成CM<第二弾・総集編>

こっちの方が馬鹿馬鹿しくて好感が持てるのですがね

この第三弾を作った方が良かったのでは?

 

(仮)香取の沈下橋

こちらの沈下橋

今まで何度もすぐそばの道路を走っていたのに全く気付いておりませんでした

今回ふと川(多度川)を見たところ・・・

f:id:poseidonttzr:20201124140031j:plain

おお!これは紛れもない沈下橋ではないか!?

まさかこんなとこにあったとは???

[http://:title]

[http://
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ):title]

こちら実は地図にはしっかり出ておりました

(ただし地図だけでは沈下橋だとは一切わからないのだが・・・)

 

では早速行って見ましょう!

f:id:poseidonttzr:20201124140929j:plain

f:id:poseidonttzr:20201124141009j:plain

f:id:poseidonttzr:20201124141037j:plain

こちら現在は車でここを通るのは禁止

ストリートビュー2013年1月時点)では自転車でここを走る人が

しっかり写っており、まだその当時は車も通行止めではなかったようです)

でも正直設置してあるゲートを動かすことは簡単に出来ますから

ゲートをどかせば軽なら走ることも実は出来ます

とは言え、人目もありますから歩いて行くことに・・・

f:id:poseidonttzr:20201124141433j:plain

f:id:poseidonttzr:20201124141503j:plain

堤防よりも一段低く、ガードレールも一切ない、これぞ正真正銘の沈下橋でありました

f:id:poseidonttzr:20201124141605j:plain

↑上流(多度北小学校方面)  ↓下流

f:id:poseidonttzr:20201124141726j:plain

川岸に生えるススキや葦(あし)(?)の背丈が高いせいでしょうか?

ほとんど気付かれないようなひっそりとした沈下橋

f:id:poseidonttzr:20201124141954j:plain

f:id:poseidonttzr:20201124142020j:plain

f:id:poseidonttzr:20201124142049j:plain

車も現在は通れませんからほとんど地元の人しかこちらを利用することは

今はないのでしょうね?

 

三重県桑名市多度町香取地区にございますので

(仮)香取の沈下橋と呼ばさせていただきました

 

ちなみにこちらをググっても何一つヒットいたしません

もしかしたら沈下橋に興味のある人でさえもここを知らなかったかも知れませんね

本邦公開と言うことにしておきましょうw

 

高田みづえ そんなヒロシに騙されて

昨今コロナの影響なのか?キャンプが流行っているようです

f:id:poseidonttzr:20201123142150j:plain

何もこんな寒い時期にわざわざ外でキャンプすることはないのに・・・

とわたくしはつい思ってしまうのですが・・・w

 

で、このキャンプブームの立役者でもあるのがヒロシさん

f:id:poseidonttzr:20201123142855p:plain

↑すいません 画像間違えました こちらでした↓

f:id:poseidonttzr:20201123143131p:plain


ヒロシキャンプ【みんな忙しいのでまたソロキャンプ】

この方、キャンプ好きが高じて山まで買ったそうです

それに影響されたのか?一般のキャンプ好きの方も真似して山を買ったとか?

 

で、これに便乗してこんな商売も始まったようです

 

株式会社山共(所在地:岐阜県東白川村代表取締役:田口房国)は、同社の所有する森林の一部をキャンパー向けに年間契約でレンタルするというサービスを始めました。昨今のアウトドアブームの中、山林を購入しなくても原野でのワイルドキャンプを手軽に楽しんでいただき、多くの人が自然に慣れ親しんでいただけることを目指します。
 
いやいや、二束三文の山が商売になるとは!?思いも付きませんでした
わたくしも実はタダ同然の価値のない山を所有しております
これに便乗して同じことをしてみましょうか?w
 
実際のところ、山なんぞ所有したところで邪魔+面倒なだけ
レンタルの方がキャンプ好きには喜ばれるのかも知れません
ヒロシさんの真似して山を買おうと考えて貴方
考えなおした方がよろしいかも?
(ちなみにわたくしならタダで他人様に山を差し上げますがねw)
 
で、そんなヒロシに騙されて・・・とならぬようにと・・・


高田みづえ そんなヒロシに騙されて

本当は原由子さんのが良かったのですが、当人の動画がありませんでした

で、代わりに高田みづえさんのバージョンでお届けです

 

玉置浩二 田園

ネタ探しをしない休日には最近は実家に帰って草刈りをしております

(幸いなことに今はネタが溜まっている状態

でもゆっくりそれらを書いている時間がなく

簡単に書き上げることの出来るこのブログばかり書いております)

 

年老いた父親は一切農作業などはせず、日中寝てばかりw

仕方なくわたくしがその草刈りをする羽目に・・・

が、無駄に広いだけの農地

どこもかしこも雑草だらけなのである

これをやり始めたのはいいのだが、たった一日で終わるはずがなく

もうずっと実家通いをしている状態であります

f:id:poseidonttzr:20201122191711j:plain

f:id:poseidonttzr:20201122192101j:plain

↑ ビフォーアフター 

f:id:poseidonttzr:20201122192251j:plain

これだけやるのに半日を要するのである

ほんと気が遠くなるような作業です

でもこんなことしてもはっきり言って一銭にもなりませんw

ほんとタダ働き

こんな斜面を無理な体勢でやってますと腰がめっちゃ痛くなりますし・・・

ほんと骨折り損のくたびれ儲けなのですw

誰かボランティアで手伝ってくれませんかね?

近くの温泉の回数券一枚報酬として差し上げますからw

 

と、言うわけで無駄に広い我が家の田園


玉置浩二 『田園』(HD)

玉置浩二 田園

 

田園」(でんえん)は、玉置浩二の11枚目のシングル

 

「〈田園〉の詞は、まさに俺が一番グチャグチャになってたときのことを

まとめた詞なんだ。

いろんなことがあって、人間関係も勉強して、やっとわかってきた。

生きていくんだ、それでいいんだ』って」、

「まさにやりたかったこと、歌いたかったことだもん

世の中にはいろんなやつがいる、と。いろんなことで悲しんでる。

でもなんにもできなくてもさ、生きていればそれでいいんだ、ってほんとに思った」

と語っている

 

PVでは、農村青年中国人魔術師といったコスプレ姿を披露している。

このキャラクターたちには設定があり、

カフェ・ジャパンの裏で農家を営んでいる農夫が

カフェ・ジャパンの支配人でありオーナー、

中国服の男は謎のマネージャーとなっている

また、玉置は「このカフェ・ジャパンに人生で迷ったヤツが来る!」と語り、

仮面の男はその中の一人であるという

また本作のコンセプトとして「仮面の男はカフェ・ジャパンに来た事で救われ、

『自分はこれでいいんだ』と最後に仮面を取って晴れやかな顔になる、

その時空には虹がかかっている」という構想であると玉置は語っている

参考ウィキペディア

 

マツタケ尾トンネル(須川のトンネル)

京都府京丹後市を訪ねた際に観光案内で知ったです

 

手掘りトンネル

須川(すがわ)のトンネルは戦時中、住民たちがツルハシや石ノミなどを使用して堀られたトンネル。山の中にひっそりとあるトンネルは当時の住人の暮らしを想わせる貴重なトンネルです。

これは早速行ってみなくては!

場所はこちら

[http://
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ):title]

同市弥栄(やさか)町須川地区にございます

実はこちら以前訪ねた

細川ガラシャ隠棲(いんせい)地の碑

近くでございました

府道57号府道75号府道625号へと入って行きます

細い府道625号を突き進みますと・・・

[http://:title]

f:id:poseidonttzr:20201121163356j:plain

突如として舗装が終わり、未舗装に変わります

f:id:poseidonttzr:20201121163502j:plain

f:id:poseidonttzr:20201121163534j:plain

近畿自然歩道とされたこの道

この先はスイス村へと続くようですが、一応車でも通れるようです

そのまま何も考えず突っ込んでみました

(スイス村のFacebookこちら神威さん廃業してませんよ!w))

f:id:poseidonttzr:20201121164221j:plain

f:id:poseidonttzr:20201121164254j:plain

その神威さんによりますと

この道は一応一部府道扱いとなっているとのこと

そのせいでしょうか?思ったほど道は荒れてはおらず難なく走れました

 

走り始めて約1キロほどでしょうか?

f:id:poseidonttzr:20201121164546j:plain

その穴についにたどり着きました

(すぐ手前辺りから道脇の雑草が酷くなってきます)

f:id:poseidonttzr:20201121164711j:plain

f:id:poseidonttzr:20201121164739j:plain

↑はい!これがその須川のトンネルです

f:id:poseidonttzr:20201121164849j:plain

入り口脇にはこちらが府道でもあることの証拠が・・・

(でもなぜかいきなりの起点扱い)

f:id:poseidonttzr:20201121165009j:plain

中は意外に綺麗なもの(路面も)

内部が吹付済なのがちょっと残念でしょうか?

折角の手掘りなのにね・・・

f:id:poseidonttzr:20201121165149j:plain

f:id:poseidonttzr:20201121171748j:plain

↑こんなちっちゃな穴がいくつかところどころに開いておりました

何の為の穴なんでしょか?

f:id:poseidonttzr:20201121165231j:plain

↑振り返りの構図

f:id:poseidonttzr:20201121165529j:plain

そして出口を出ますと右手に案内看板がございました

f:id:poseidonttzr:20201121165636j:plain

f:id:poseidonttzr:20201121165706j:plain

f:id:poseidonttzr:20201121165742j:plain

神威さん解説員によりますと

このトンネルが出来る前はこの川沿いをぐるりと回って

当時の子供たちが歩いていたそうですが

その川で流される者や亡くなる者がいたそうです

そのために住人たちが力を合わせてここを手で掘ったそうです

f:id:poseidonttzr:20201121170220j:plain

f:id:poseidonttzr:20201121170250j:plain

なぜかトンネルを抜けるとすぐに府道終点となるのでした・・・

f:id:poseidonttzr:20201121170518j:plain

道はまだまだこの先も続いておりますが

やはり怪しい雰囲気となって来ます

転回する場所もなかなかなく、この先のカーブで強引に方向転換

本当はこの先へと行って見たかったのですが

時間も夕暮れ近くになっており断念・・・帰還となりました

f:id:poseidonttzr:20201121171658j:plain

f:id:poseidonttzr:20201121170651j:plain

さてこちらはあのくるまみちさんも訪ねておみえでした

記事こちら2007年なんでしょうか?須川隧道と呼んでみえます)

訪ねられたその頃はまだ吹付がされていなかったようです

その姿をわたくしも見たかったです 羨ましい限りですね

 

またこちらを1年後に再訪の際には

須川隧道の先にある須川2号隧道にも行っておみえです

これは凄い!(記事こちら

いつか真似しなくてはいけませんw

 

 

さてさてこちら須川のトンネルと一般に呼ばれているようですが

地元の正式名称はこちら↓でした

f:id:poseidonttzr:20201121173000j:plain

f:id:poseidonttzr:20201121173030j:plain

マツタケ尾トンネル

これが地元の正しい名称のようです

ちょっと変な名ですが

京丹後市観光公社さんしっかり訂正願います