真・山神のブログ

おっさんの戯言・世迷い言・独り言・その他+Gスポット

国道41号 旧道 横山トンネル 前編 千貫橋

またまた旧道ネタです

(最近は旧道探しに凝ってるわたくしです)

今回の舞台は岐阜県飛騨市 国道41号 横山トンネルの旧道

[http://:title]

まずは横山トンネル 富山県側にある旧道入り口

[http://:title]

ストリートビューを見てもわかる通り

高原川橋の手前右側の旧道に入ってすぐにゲートがありまして

残念ながら車は通れません

脇は多少甘く、モンキーなら何とか・・・

と、思ったのですが、この日は国道沿いで除草作業が行われおりまして

そんな中、白昼堂々と通り抜けるのは流石に憚れたのでした

 

やむなく反対側から攻めることとしました

[http://
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ):title]

[http://:title]

こちら側旧道、流石国道だったこともあり道幅はめちゃくちゃあります

でも悲しいかな今はほとんど利用されず

わずかにこの旧道先にあります数軒の民家の方が利用するのみです

その民家の前を通り過ぎると高原川にぶち当たるのですが、そこには

しっかりゲートが設けてあるのでした

橋の渡る手前にゲート設置という、一番嫌らしいパターンです

でもこちらも一応脇が甘く、モンキーなら問題なく通れたのでした

(鍵はSOLの共通キー)

ではちょっと失礼して旧道にGO!であります

 

ちなみにこの高原川に架かる橋のお名前は千貫(せんがん)橋

ちなみにこの千貫橋上流には、地図にもありますように

横山楡原(にれはら)衝上断層なるものがあるそうです

そこへと向かう遊歩道は一応あるのですが

衝上断層は、元々下位にあった地層が、

上位の地層の上に低角度でずり上がる逆断層の一種。

横山楡原衝上断層は、

神通川沿いの富山市楡原から

飛騨市神岡町横山にかけて存在する断層で、

富山県では楡原の松ヶ谷付近のスノーシェッド内で露頭を見ることができる。

富山市楡原周辺では、中生代の手取統の上へ、

古生代末~中生代初めの古期花崗岩類がずれ上がっており、

スノーシェッド内の露頭では断層面で破砕した粘土を観察することができる。

中生代から新生代(6,000~7,000万年前)にかけての

日本列島の大規模な地殻変動によって生じたものと考えられており、

学術上貴重なものである。

横山楡原衝上断層 | 文化遺産検索 | とやまの文化遺産

参考こちら

こんな文化遺産・国指定天然記念物だそうですが

誰も訪れる人がいないのでしょうね?

看板は寂れて、そこに向かう道は草ボーボーなのでした

まぁわたくしもこれには全く興味がないからどうでもいいのですがw

 

後編に続く・・・

 

こんな代行運転は嫌だ!

わたくし自身は未だ代行運転を頼んだことはないのですが

こんな代行運転は嫌だ!と思える車を見かけました

代行運転と言えば

お客様の車をお客さんの代わりにその車を運転して

自宅等に届けるサービスだと思うのですが

それなりに運転には慎重であり、任せて安心であるのが望ましいと思います

で、先日わたくしの前を走っていた↓この代行運転の車

車の後ろ部分が思いっきりへこんでいました

まぁ自分でぶつけたのか?ぶつけられたのか?はわかりませんが

こんな車に乗ってお客さんを迎えに行ったら

どんな気持ちになるか?想像できないのでしょうか?

普通ならすぐ直すべきだと思うのですがね?

お客さんにしたら自分の車も任せたら

こんな風にへこまされると思っても不思議ではないはず

そんなお客さん目線で考えること出来ませんかね?

 

まぁそれでも百歩譲って、たまたまぶつけられて代車がなく

この車で迎えに行ったと仮定しよう

 

このおっさん、赤で信号待ちになりそうになったら

角のコンビニの駐車場をエスケープして左折

(でも正直に信号待ちしてたわたくしは

信号が変わってから左折してもこのおっさんのすぐ後ろに付いたが)

運転席には小犬を乗せていて放し飼い

(小犬は運転席と助手席を走り回る)

挙句の果てには吸っていたタバコを窓からポイ捨て

 

いやいやこのおっさん、代行運転するような資格はないでしょ?

マナーは最低 交通ルールも最悪

間違ってもこんな代行運転には

お願いしたくはありません!!!

(この会社名が気になる方はフリーダイヤルしてくださいw

ちなみ大垣市羽島市に会社があるようです)

 

この会社に限らずだが

会社名の入った車に乗ってる時は誰に見られているか?わかりません

ある意味、広告塔として会社の車に乗っているのだから

その辺を十分に認識して運転してもらいたいものです

ましてやこんな運転をお任せするような会社なら尚更です!

 

【この指止まれ?】愛荘町 山比古湧水

ふと気になってこんなとこを訪ねて見ました

[http://:title]

滋賀県愛知(えち)郡愛荘町 宇曽川ダム奥にあります

山比古(やまびこ)湧水(ゆうすい)

[http://
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ):title]

ちなみに宇曽川ダムは東近江市と半分こになっておりますが

愛荘町側の道はダム湖入り口にて行き止まりです

過去関連記事 銭取神社

 

宇曽川ダムを逆のコースで左手に見ながら奥に進み、橋を渡ると突き当り

[http://:title]

その突き当りに山比古湧水があるのでした

非常に横に幅広い湧水処であり、何か所か水汲み場があります

↑山比古湧水の謂れはこちらをお読み下さい

右手には奥へと続く林道(宇曽川渓谷林道)もあります

この周りもちゃんと整備されております

一応ダム湖岸に遊歩道もあるようですが、先ほど申した通り通行止めです

しかしながらなかなかのな場所ではないでしょうか?

 

と、何を申したいか?と言えば

例の企画の新候補地としていかがなものか?と・・・

 

みなさまのご意見、お待ち申しております

 

場所柄遠いじゃないか!と文句も出ましょうが

逆に近くなったからいいじゃないか!とおっしゃる方も見えるかとw

ただ唯一の心配事がグルコミに書かれてます↓の一文

 

車、人大勢‼️バ-ベキュ-、水遊び?水汲み我々だけ?穴場か?

 

こちら何となく休みの日は人が多そうです 平日にしましょうかね?w

梅雨もあっという間に明けましたから今年の夏は暑くなりそうです

ここらで清涼も兼ねて

みんなでパッと美味しいものをご一緒にわいわいと食べたいものですよね

 

甲賀市 滋賀サファリ博物館 後編

前編からの続きです

 

奥にありますアフリカ館に向かいます

文字通りライオン・キリン達がいました

わざわざライオンを立てて、シマウマを襲わせるポーズにするとは凝っております

壁にはやはり毛皮が並べてあります

そしてお得意の証拠写真もばっちり

見事に仕留めておいでですが

よくぞこれを日本まで運んだものです

空輸・船、どちらせよ、タダではなかったはず

その費用を考えただけでも、この元館長さん只者ではありませんね

それなりのお金持ちでないと、到底こんなことは出来ないはずですから

ふたつの部屋を覗いて、興味がない人だと5分で終わりそうw

興味があったとしても30分はさすがに持ちませんw

個人的には非常に面白いと感じたのですが、それでも30分もいませんでした・・・

この滋賀B級スポット

個人的にはおススメだと思うのですが、みなさんいかがでしょう?

 

甲賀市 滋賀サファリ博物館 前編

滋賀県B級スポットのご案内です

甲賀(こうか)市 新名神信楽(しがらき)インター

すぐにあります滋賀サファリ博物館です

[http://:title]

[http://:title]

 

滋賀サファリ博物館は、滋賀県信楽 町に入ってすぐの場所に立つ、

世界 の野生動物の剥製約100点が常設展示 されている「剥製の博物館」です。

 

HPこちら

開館日 毎週土日曜日・祝日
開館時間 9:30~16:30
観覧料
大人
500円
中・高生
300円
小学生
200円
乳・幼児
無料

 

この日、ほぼ朝一くらいに訪れてみたら駐車場にすでに先客らしき車が一台

(画像に写っている白い車)

おお!先客がいるぞ!と驚いたのですが

実はこちら博物館管理者のご自宅が同じ敷地内にあるようで

どうやらそのご家族の車のようでした

(この後、館内に入ってみたら誰もお客はおらず・・・)

わざとらしく駐車場一番手前に停めて

さもお客がいるように見せるとはなかなかあざといです

見事に初っ端から騙されたわたくしでしたw

アルテミスは、ギリシア神話に登場する狩猟の女神で、

オリュンポス12 神に数えられる神です。

うら若き美しい女神で、猟犬を連れ供のニンフ (妖精)達と共に山野を駆け回り、

狩猟に明け暮れたとされています。

当館正面にて、アルテミス像が皆様のお越しをお待ちしております!

アルテミスとともに”狩猟の旅”に出かけませんか?

入り口を入り、右手に博物館

その博物館入り口に受付があり、入館料を支払います

注意事項等をお聞きして館内を見て回ります

尚、撮影は自由です

こちらの故・館主さんが世界中を回って猟獲された動物が剥製として展示されてます

原寸大の動物が剥製として展示してありますのでなかなか迫力があります

これ本当に獲ったのか?と疑いたくなりますが

そこはしっかり証拠写真も飾ってありました

今では捕獲禁止の動物もいましょうから、ある意味貴重写真です

世界をまたに掛けた凄い館主さんであります

と、言いつつ地元信楽等のテン・猪・雉などももれなく獲っておみえですので

ちょっと笑えます

 

続けてアフリカ館へと向かいます

後編に続く・・・

 

へつじ隧道

さて今回はグーグルマップにわざわざ示されていた隧道を訪ねてみました

[http://:title]

滋賀県甲賀(こうか)市 

青土(おおづち)ダム野洲(やす)川近くの

市道上にありますへつじ隧道です

 

グーグルマップにわざわざ記載されてますので、何かある隧道なのか?

と、興味を持ち訪ねたのですが・・・

(グルコミにあるコメント1件は全く役に立ちません)

[http://:title]

見た目はごくごく普通の穴であります

多少なりともお名前が変わっている程度です

穴を抜けて正対したところで、何ら変わりはありません

何でこんなのがわざわざグーグルマップに記載されたのか?

(もちろん誰かが書きこみをしたであろうが、その意味が不明)

穴マニアの方々がこちらにお邪魔するとも思えない代物であります

強いてここのポイントをあげるならここの名の由来が書かれていたことでしょうか?

昔はへツジマンボとも呼ばれたらしいです

(”初代隧道は青の洞門の如く”とあるが、青の洞門って何のことでしょう?)

 

これくらいしか特徴がないのですが

わざわざグーグルマップに記載するほどなのでしょうかね?

ちなみに穴の横には旧道のようなものは一切存在しないようでした

穴マニアの方々、これに興味を持たれますでしょうか?

 

 

 

と、ここまで書いて、誰かこの穴に興味を示していたのか?と

調べて見たら、何と!あの方がしっかりチェックされてました

恐れ入りました、クイックさん

(横にあった水路隧道に全く気付かないのが似非同業者ゆえか?w)

甲賀市 信楽高原鉄道 セブンイレブン水口庚申口駅

滋賀県甲賀(こうか)市を走ります

信楽(しがらき)高原鉄道 

セブンイレブン水口(みなくち)庚申(こうしん)口駅

あることをご存知でしょうか?

↑はい、その駅であります

[http://
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ):title]

[http://:title]

答えを申せば、駅ではなくただセブンイレブンの裏を

信楽高原鉄道がただ走っているだけなのですが、タイミングが合うと

丁度セブンイレブンの屋根の上を走ってる姿が見れるのです

↑これはちとタイミングがずれてしまったが

一時間に二回、コンビニの上を通りますので見ることが出来ます

時刻表はこちら

 

珍百景としてもこちらは有名なようで

すでに神威(かむい)さんも行かれ

ユーチューブに動画をアップされてます


www.youtube.com

↓こんなラッピング電車だともっと面白いのかも知れません

セブンイレブンの上を走る信楽高原鉄道の忍者電車!? - YouTube

珍百景?]セブンイレブンの上を走る電車が見られるスポット ...

↓こんな電車も走ってるそうです

信楽高原鉄道 スカーレット号に乗ってきた - 毒を放出!