真・山神のブログ

おっさんの戯言・世迷い言・独り言・その他+Gスポット

長野市 犀川スキーバス転落事故慰霊碑

先日、長野県長野市から松本市へと国道19号を走っていて

大安寺橋のところでこんな看板を見かけた

f:id:poseidonttzr:20200524055739j:plain

f:id:poseidonttzr:20200524055812j:plain

f:id:poseidonttzr:20200524055846j:plain

f:id:poseidonttzr:20200524055918j:plain

日本福祉大学 スキーバス事故遭難者慰霊碑 1985.1.28/5:45AM

 

そう!こちらは今から35年ほど前に起きた

犀川(さいがわ)スキーバス転落事故の現場

この事件はわたくしも強烈に覚えていたのであった

 

1985年(昭和60年)1月28日、

国道19号を走行していたバスが長野市犀川に転落した事故である。

日本福祉大学の学生ら総勢46名を乗せた三重交通バスは、

北志賀高原竜王スキー場へ向かっていた。

同校では1月28日から1月30日まで、

体育科の授業の一環としてスキー教室を実施する予定であった。

事故発生時刻は午前5時45分。

犀川に架けられた大安寺橋にさしかかる手前の左カーブで、

バスはガードレールを破り水深4メートル、水温4度という極寒犀川に転落。

転落地点は下流に建設された笹平ダムダム湖にあたる。

総勢46名のうち、乗客の大学生22名、教員1名、運転手ら2名、

合計25名の命が失われた。助かった21名のうち8名も重軽傷を負った。

現場は雪が積もり路面が滑りやすくなっており、

バスのスピードの出し過ぎが直接の原因であった。

しかし、死亡した運転手は事故当日までの二週間を連続して出勤し

乗務に当たっており、バスの運行を担当する三重交通の責任が問われた。

詳しくはウイキペディア参照

 

当時世間を大変にぎわせた事故だったのでよく覚えている

事故当時あった大安寺橋は現在は建て替えられて新橋が造られ

以前の大安寺橋はすでに取り壊されて、今はないが

その旧橋のたもとに慰霊碑が建てられている

f:id:poseidonttzr:20200524061125j:plain

[http://
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ):title]

f:id:poseidonttzr:20200524061344j:plain

f:id:poseidonttzr:20200524061417j:plain

この日はその旧・国道19号の道は工事中の為、車では通れず

歩いて慰霊碑へと向かいました(工事は休止してました)

(新しい大安寺橋が出来たとともにこの道は旧道扱いとなった模様)

f:id:poseidonttzr:20200524061654j:plain

f:id:poseidonttzr:20200524061729j:plain

以前はこのように橋の手前は左カーブになってた模様

ここを曲がり切れずに落ちたのか?

f:id:poseidonttzr:20200524062539j:plain

f:id:poseidonttzr:20200524062604j:plain

 

f:id:poseidonttzr:20200524061942j:plain

f:id:poseidonttzr:20200524062014j:plain

f:id:poseidonttzr:20200524062042j:plain

現在このカーブの場所に慰霊碑が建てられている

f:id:poseidonttzr:20200524062724j:plain

f:id:poseidonttzr:20200524062756j:plain

f:id:poseidonttzr:20200524062827j:plain

f:id:poseidonttzr:20200524062903j:plain

f:id:poseidonttzr:20200524062934j:plain

ただただ亡くなわれた方々のご冥福を祈るのみであった

f:id:poseidonttzr:20200524063159j:plain

f:id:poseidonttzr:20200524063231j:plain