真・山神のブログ

おっさんの戯言・世迷い言・独り言・その他+Gスポット

浜松市天竜区 金貨水神社

静岡県浜松市天竜区にあります

病気を担保にお金を貸してくれると言う珍しい神社です

金貨水神社であります

 

場所はこちら

[http://
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ):title]

[http://:title]

県道9号線沿いにそれはあります

こちら以前ここを通った時に気付いて一度は訪ねていたのですが

そのままネタにすることなくお蔵入りして忘れていた神社であります

ご覧の通りちっぽけな神社です

f:id:poseidonttzr:20200709100805j:plain

こちらの最大の欠点は車を停める場所がないこと

神社入り口にわずかに停める場所があるように見えますが

ここ実はバス停天竜病院坂下でもあるのです

(カーブになってまして車もよく通ります)

仕方なくバスの来ない内にと急いで停めて拝見したのでしたw

f:id:poseidonttzr:20200709101516j:plain

f:id:poseidonttzr:20200709101543j:plain

階段を上っても小さな社(やしろ)がポツンとあるのみです

f:id:poseidonttzr:20200709101701j:plain

水神宮病気証文の由来

明応八年八月十四日のこと(約四百六十年前)天竜が氾濫して鹿島村の川岸に

祭ってあった水神様が流れだした。

これを見た地元の船頭権三郎が激流に飛び込み、お救いして現在地にお祭りした。

ところが権三郎は水の冷えで、持病の(せん気)再発により重体におちいった。

するとある夜、水神様が夢枕に立ち、

そちの病気はこのたびの功により速やかに全快させてやる。

尚その他の病気で苦しんでいる者があれば

病気と質とし借金証文を上げさせよ

期限までに必ず全快させよう、

とお告げがあり権三郎の病気も不思議と全快した。

それ以来、病気の水神様として人々の信仰厚く、

遠近からのお礼参りや祈願かけされ人が現れるようになった。

 

この文面は静岡裏観光案内さん記事からお借りしました

 

実は見るのを忘れたのですが

社の中に置かれてるクリアケースの中に借用証書が入っていたのですよ

それに一筆して証文箱に投入すればお金を貸してくれるのでした

質草・担保はご自身の持病でいいそうですw

(借りる金額も上限は設定されていない模様 いくらでもOKw)

 

『いつも金欠病と言う病気なんですが?』と

言ったらどうなるのでしょう?w

この慢性の病気を質草・担保として認めてくれるでしょうか?

 

ぎっくり腰でお悩みのあの方も一度ここを訪ねてみてはいかがでしょうか?w