真・山神のブログ

おっさんの戯言・世迷い言・独り言・その他+Gスポット

マツタケ尾トンネル(須川のトンネル)

京都府京丹後市を訪ねた際に観光案内で知ったです

 

手掘りトンネル

須川(すがわ)のトンネルは戦時中、住民たちがツルハシや石ノミなどを使用して堀られたトンネル。山の中にひっそりとあるトンネルは当時の住人の暮らしを想わせる貴重なトンネルです。

これは早速行ってみなくては!

場所はこちら

[http://
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ):title]

同市弥栄(やさか)町須川地区にございます

実はこちら以前訪ねた

細川ガラシャ隠棲(いんせい)地の碑

近くでございました

府道57号府道75号府道625号へと入って行きます

細い府道625号を突き進みますと・・・

[http://:title]

f:id:poseidonttzr:20201121163356j:plain

突如として舗装が終わり、未舗装に変わります

f:id:poseidonttzr:20201121163502j:plain

f:id:poseidonttzr:20201121163534j:plain

近畿自然歩道とされたこの道

この先はスイス村へと続くようですが、一応車でも通れるようです

そのまま何も考えず突っ込んでみました

(スイス村のFacebookこちら神威さん廃業してませんよ!w))

f:id:poseidonttzr:20201121164221j:plain

f:id:poseidonttzr:20201121164254j:plain

その神威さんによりますと

この道は一応一部府道扱いとなっているとのこと

そのせいでしょうか?思ったほど道は荒れてはおらず難なく走れました

 

走り始めて約1キロほどでしょうか?

f:id:poseidonttzr:20201121164546j:plain

その穴についにたどり着きました

(すぐ手前辺りから道脇の雑草が酷くなってきます)

f:id:poseidonttzr:20201121164711j:plain

f:id:poseidonttzr:20201121164739j:plain

↑はい!これがその須川のトンネルです

f:id:poseidonttzr:20201121164849j:plain

入り口脇にはこちらが府道でもあることの証拠が・・・

(でもなぜかいきなりの起点扱い)

f:id:poseidonttzr:20201121165009j:plain

中は意外に綺麗なもの(路面も)

内部が吹付済なのがちょっと残念でしょうか?

折角の手掘りなのにね・・・

f:id:poseidonttzr:20201121165149j:plain

f:id:poseidonttzr:20201121171748j:plain

↑こんなちっちゃな穴がいくつかところどころに開いておりました

何の為の穴なんでしょか?

f:id:poseidonttzr:20201121165231j:plain

↑振り返りの構図

f:id:poseidonttzr:20201121165529j:plain

そして出口を出ますと右手に案内看板がございました

f:id:poseidonttzr:20201121165636j:plain

f:id:poseidonttzr:20201121165706j:plain

f:id:poseidonttzr:20201121165742j:plain

神威さん解説員によりますと

このトンネルが出来る前はこの川沿いをぐるりと回って

当時の子供たちが歩いていたそうですが

その川で流される者や亡くなる者がいたそうです

そのために住人たちが力を合わせてここを手で掘ったそうです

f:id:poseidonttzr:20201121170220j:plain

f:id:poseidonttzr:20201121170250j:plain

なぜかトンネルを抜けるとすぐに府道終点となるのでした・・・

f:id:poseidonttzr:20201121170518j:plain

道はまだまだこの先も続いておりますが

やはり怪しい雰囲気となって来ます

転回する場所もなかなかなく、この先のカーブで強引に方向転換

本当はこの先へと行って見たかったのですが

時間も夕暮れ近くになっており断念・・・帰還となりました

f:id:poseidonttzr:20201121171658j:plain

f:id:poseidonttzr:20201121170651j:plain

さてこちらはあのくるまみちさんも訪ねておみえでした

記事こちら2007年なんでしょうか?須川隧道と呼んでみえます)

訪ねられたその頃はまだ吹付がされていなかったようです

その姿をわたくしも見たかったです 羨ましい限りですね

 

またこちらを1年後に再訪の際には

須川隧道の先にある須川2号隧道にも行っておみえです

これは凄い!(記事こちら

いつか真似しなくてはいけませんw

 

 

さてさてこちら須川のトンネルと一般に呼ばれているようですが

地元の正式名称はこちら↓でした

f:id:poseidonttzr:20201121173000j:plain

f:id:poseidonttzr:20201121173030j:plain

マツタケ尾トンネル

これが地元の正しい名称のようです

ちょっと変な名ですが

京丹後市観光公社さんしっかり訂正願います