真・山神のブログ

おっさんの戯言・世迷い言・独り言・その他+Gスポット

山ノ内町 地獄谷野猿公苑

このブログ、基本 G級スポット を紹介するのですが
今回は意趣に反して外国人も来ると言うA級スポットですw
長野県下高井(しもたかい)郡山ノ内町 にある 地獄谷野猿公苑(やえんこうえん)
あのが温泉に入ると有名なところです

わたくしこちらの温泉 地獄谷温泉 後楽館(こうらくかん) にお邪魔した際に
是非とも一度は見ておこうと野猿公苑にもお邪魔しました
後楽館で日帰り入浴したあと横湯(よこゆ)川を渡り山の中にある野猿公苑へ
イメージ 1

後楽館の露天風呂から見えたのが↑これ
天然記念物でもある地獄谷噴泉です
その手前に野猿公苑へと続く道があります
イメージ 2

この道は急坂ですがほかにもゆるやかな道も手前にあります
その坂を上り山の中腹を進むと野猿公苑受付です
イメージ 3

こちらの受付で入苑料500円を支払い奥へと進みます
なおこの受付の建物奥には土産物やパンフレット等が置いてあり休憩所もあります
イメージ 6
イメージ 4
イメージ 5

奥へと進むともう目の前にはたくさんの猿がいます
(建物より手前でも猿を見かけることはあります)
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 10

この猿たち基本、人に慣れているのか逃げたり襲ってきたりはしません
ただし猿に対しての注意事項はあります
一番の注意事項がこちら
近くからサルの眼を見つめない。
サルの社会では、近くで相手の目をジッと見つめることは、敵意の表情です。また、相手を見つめて大きな口をあけるのも敵意の表情です。近づきすぎず少し離れて観察して下さい。
わたくしの知人が幼少の頃、近づきすぎて猿に引っ掻かれたそうです
その他注意事項はこちら
一応こちらの公苑には監視員さんも見えます
(失礼ながら退屈そうにイスに座って携帯いじって見えましたが・・・w)

奥に向かうと橋がありあの有名な猿が入る温泉が見えてきます
イメージ 9
イメージ 11

残念ながら猿が入浴するところは見えませんでした・・・
(基本猿は寒さをしのぐために温泉に入るのでこの時期は入らないようです)
念の為、お湯にさわったところ地獄谷温泉 後楽園の露天風呂よりややぬるめでした
どうしても猿の入浴シーンが見たければ寒い冬に来なくてはいけないようです

ただし世の中便利なようでここの温泉をライブ画像で見えるようです 
イメージ 12

ですから寒い冬に出掛けなくても暖かい部屋でこの風景を見ることもできますw
そのことも含め詳しいこちらの公苑のHPこちらです
猿を身近で感じたいい体験でした