真・山神のブログ

おっさんの戯言・世迷い言・独り言・その他+Gスポット

高島市 信長の隠れ岩

信長の隠れ岩 
その時はどんなとこか見ませんでしたが、今回再訪してみました
場所はこちら 
丁度国道367号県道23号の交わるところにあります
イメージ 1
イメージ 2

元亀年(1570)に織田信長が朝倉攻めの際に
妹婿である浅井長政の裏切りにより京都への撤退を余儀なされ
信長はわずかな手勢で朽木(くつき)街道に入り
当時の領主「朽木元綱」の手助けにより無事京都に帰還することができたという、
「信長の朽木越え」と呼ばれる有名な史実があります
その際に信長が一時身を隠していたと伝承の残る通称「信長の隠れ岩」

イメージ 3
イメージ 4

織田信長が隠れていたと言う朽木(くつき)三ツ岩
200メートルほど山道を上ったところにあります(一応300歩でたどり着くようですw)
イメージ 5
イメージ 6

息を切らしながら上って行くと大きな岩が重なるようにありました
その岩と岩の間に丁度隠れれるような場所が・・・
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9

入口には簡単な金網が設けてあり、中には入れませんが洞穴のようなところでした
まあ隠れるには最適かも知れませんが、ひと一人入れればいいくらいの大きさです
こんなとこに隠れていたとは何とも言えない感じですw
織田信長と言えば戦国武将でして、気の強いイメージがあるのですが
この行動を見るとなんとなく小人者に思えてしまいますw
試しにこの岩の裏側に回ってみたのですが・・・
イメージ 10
イメージ 11

同じような洞穴があるのですが、人の出入りは難しそうでした
どうも動物の巣穴になっているのでは?と言う感じでした
天下の信長がこんな場所に潜(ひそ)んでいたとはやはりちょっとイメージダウンですねw
イメージ 12