真・山神のブログ

おっさんの戯言・世迷い言・独り言・その他+Gスポット

阿木川ダム湖カレー ふれんどりー

味噌(みそ)川ダムカレー 全滅を受けて意気消沈するわたくし
でも諦めません
尾張への帰り道でどこかないか?と探して見つけたのが

とは言え、時間も時間ですから先に問い合わせてみることにしました
電話したところ夕方4時まで営業してるとのこと
その時間までならダム湖カレーが食べれるとのこと
さっそくぶっ飛ばして帰りますw
(なお、電話の際、何人ですか?と聞かれました
一人だと答えたところ、電話の向こうから安堵のため息が聞こえたのでした
大人数だと多分断られたのかも知れません)

国道257号を走りますとその阿木川ダムに辿り着きます
肝心のお店はそのダム湖入口広場にあります 場所こちら
イメージ 1

こちらのお店 ふれんどりーの前には・・・
イメージ 2

ヤッターワンが鎮座しております
なにゆえここにヤッターワンなのか?意味不明なんですが・・・
それもひどく色あせ壊れ気味なんです
実はこれがお店の雰囲気も表しているのでございますw

はっきり言ってこのお店、失礼ながら非常に入りにくいです
よく寂れた観光地にある土産物屋さんの雰囲気を醸(かも)し出してます
お店は開けているもののやってるのかやってないのかよくわからない雰囲気
お店の造りも古く、もちろんこの時は誰もお客さんはいませんでした

しかし躊躇(ちゅうちょ)してるわけには行けません
わたくしにはダムカレー制覇の夢があります(←なんじゃそりゃ?w)
意を決し、店内へ・・・
お店に見えた女性にダムカレーを注文します
『ああ、先ほど電話くれた人ですね』
ありゃ?一発で電話の主だとばれてしまいましたw
(誰もここにダムカレー食べに来ないのでしょうか?)
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

店内をご覧いただくとなんとなくわたくしの言ってる意味が
わかってもらえるかも知れません・・・
古めかしいテーブル 土産物からジャビットミッキーマウス(緑色)まで
色とりどりの物が所狭しと並べてあります
何とも微妙に落ち着きのないお店であります
イメージ 6

イメージ 7

こちら多分ダムが出来たあとに、その敷地に造られたのでしょうが
なぜか床が斜めなんです
微妙に玄関入口方向に向かって床が傾斜になってます
おい!おい!大丈夫?このお店?w 玉子落としたら転がって行くんじゃないの?

でもそんなお店にもファンの方が見えるようで
テーブルの上に雑記帳がございました
イメージ 8

みなさんこちらのお店の感想 ダムの感想
そしてダムカレーの感想をお書きになってました
こちらの凄いのはそれに対してキチンとこちらの店主がコメントを残していること
色違いのペンで丁寧に応(こたえ)えてみえます
う~~ん侮れないぞ!ふれんどりーw
イメージ 9

イメージ 10

そんな雑記帳を見てる内にダム湖カレーが出来上がりました
じゃじゃじゃじゃーん!!!
イメージ 11

阿木川ダム湖カレー 800円

ふれんどりー
住所   岐阜県恵那市東野2201-57
電話番号 0573-25-1302

阿木川ダムの特徴である白いロックフィルダム堤体
地元恵那市東野産のライスで表現するとともに、
夏季には、付け合わせとして阿木川湖で栽培した『空心菜』を添えています。
また、ルーの中心に配置したゆで卵は、ダム湖内の噴水(表層曝気設備)を表すとともに、
阿木川湖周辺は、サクラを始め落葉広葉樹に囲まれ、
ダム湖百選」にも選ばれたことから、
地元産の野菜やコーン、ウインナーなどを下流側に配置して、
その四季折々の艶やかさを表現しています。

早速いただき完食 ご馳走様でした
お店の人から阿木川ダムのお知らせパンフレットもいただきます
イメージ 12

来る4月6日(土)10時~16時頃点検放流がされるようです
ダムマニアの方々、これは必見ですよ

と言うわけでこの後はダム見学です
イメージ 13

イメージ 14

まずは上部から
イメージ 16

イメージ 15

続けて下部へと向かったのですが、入口がわかりにくいです
その場所はこちら 
向島信号交差点から入って行くとダムの下へと行けます
イメージ 17

イメージ 18

ここで点検放流の水しぶきを浴びて下さいw
(その日この下に行けるかは知りませんが・・・)