真・山神のブログ

おっさんの戯言・世迷い言・独り言・その他+Gスポット

阿智村 長岳寺

長野県下伊那郡阿智村にも武田信玄のお墓があります

天台宗の古いお寺です。
武田信玄野田城の戦いで病にたおれ甲斐へと帰国の途上で亡くなりました。
その場所が駒場(現阿智村)の地であり、
遺骸を安置したのが長岳寺といわれています。
遺品として、信玄公の兜の前立て二種類が寺宝として所蔵され
十三重の供養塔があります。
実際には、駒場宿で命を落としたと言うよりは、
三州街道寒原峠から駒場に抜ける途中(山中)で1573年4月12日に亡くなり、
この駒場の長岳寺に運ばれたと言うのが正しいようです。
極秘のうちに駒場火葬されました。
この時、長岳寺は、
武田信玄の義理の兄弟である下條家出身の六世・裕教法印が住職を務めていました。

と言うわけで前回の同郡根羽村信玄塚ではなく
こちらが本当のお墓だと言われているようですが・・・
イメージ 1

阿智村村内の国道153号を走ると長岳寺の案内が出ております
武田信玄公史跡→
その長岳寺の場所はこちら
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 2

イメージ 5

イメージ 6

境内に入りと右手に十三重の供養塔があります

武田信玄400年祭(昭和49年)に、裏山の火葬塚から採取した火葬灰を境内に移し、
供養塔として十三重塔を建立しました。
イメージ 9

イメージ 7

イメージ 8

↑本堂にある遺品が見たい方は有料拝観 200円(説明付き)となります
(でもこの日はお寺に誰も見えませんでした・・・)
イメージ 10

イメージ 12

イメージ 11

こちらのお寺には多くの句碑やら↓こんなのもありました
イメージ 13

3年間は自分の死を隠して領国の安全を保つこと。

この遺言通り武田信玄の死はごく一部の側近だけに知らされ
影武者を立てて甲斐へと帰ったようです
ただその甲斐の国にも武田信玄のお墓があるようですw
一体どれが本物なんでしょうか?